ナビくるとズバブーンの車買取査定の違い

MENU

ナビくるとズバブーンの車買取査定の違い

ナビくるとズバブーンはどちらも公式ホームページの申し込みフォームにメーカー名や車種名、年式、走行距離などを入力するだけで簡単に車買取の査定をしてくれるサービスで人気があります。

 

ナビくるやズバブーンで車の情報を送信すれば既に登録されている場合は早い段階で査定額がわかるだけではなく、提携している車買取業者に見積もり依頼が提出され、買取を希望する業者があればユーザーにアプローチがあります。

 

その中から納得できる買取価格を提示する業者があれば実際に連絡をして買取に進んでいくという仕組みです。

 

そんなナビくるとズバブーンの大きな違いは、登録されている業者の数にあります。

 

見積り依頼が提出される業者はナビくるもズバブーンも最大10社なのですが、提携業者数が違います。

 

ズバブーンが200社以上の中から最大10社で、ナビくるは数十社から最大10社です。

 

これらの数の違いは何なのでしょうか?ナビくるは一般社団法人JADRI日本自動車流通研究所に所属している優良企業で、安心して依頼することができます。

 

一方のズバブーンは数は200社以上からと多いので納得できる査定と出会える確率は高まる可能性があります。

 

ナビくるとズバブーン、それぞれのサービスのメリットとデメリットを勘案ながら活用し、お得な売却先を探したいところです。